ゴー宣道場「国防のリアルと憲法の矛盾」の感想(和ナビィ)

和ナビィです。

 

ゴー宣道場当日。

心配された雪の天気予報も大したことにならず、穏やかな晴天でほっとしました(^-^)b☆。

やはりゴー宣道場は持ってるなぁ・・と改めて思いました。

新たにMLに参加された門弟の方々も加わって、今回の設営隊は大型!。

会場・扉前のスペースには立錐の余地が無い(ちとオーバーか(^^)>;;)ほどにメンバーが集まりました。

なんだか新鮮で華やいだ雰囲気です。

前以て副隊長さんが役割分担とタイムスケジュール(分かり易くてきれい!)を伝えて下さっていたので、初めての方々も経験者達も安心して臨めました。

隊長の例の和やかな調子?!のご挨拶、初参加の方々の自己紹介で一気に雰囲気が上がり、皆さん笑顔とともに作業開始です。

作業を始めた頃、よしりん先生が会場にいらっしゃいました。

お声がけ下さったり、師範ゲスト陣の椅子の配置をご覧になったり。

先生が来られると「よーし、道場が始まるんだぞ」と生き生きした空気が全体に流れます(^-^)9。

ご存じのように、来月10日、大阪にてゴー宣道場が開催されます。

今、関西設営隊では意欲的に準備を進めており、新メンバーも迎えてその自己紹介文と写真を掲載したアルバムも作りました。

どんな人々がどんな思いで道場を熱望し、自主的に設営に臨んでいるか、---これは≪先生へのお手紙≫とも言えます。

宇都さんのご案内で、先生にこの時直接お渡しできました。

後で皆さんに回し読みして頂いたのはそのコピー(モノクロ)です。

---ともにゴー宣道場を設営し盛り立てていこうとする仲間達、どの地方の会場でもいっしょに作業する楽しさはひとしおです。

設営隊長が販売図書の案内をなさったり、恒例になるか?明るい前説もあり、いよいよ開始の雰囲気が高まります。

席も後ろまでいっぱいになりました。

時節柄マスクの希望者もやはり数名おられました。

予防の為もあるのでしょう。

何年か前の二月道場で咳き込み続けの人がいてインフルエンザパンデミック?!が起きたことがありましたよね;;。

公空間でのマナー・風邪予防は一層大切ですね。(師範方に感染しちゃなんねえど)

今回設営隊にも加わって頂いたある方は、道場にすでに数十回もご参加の道場常連さんとのこと。

氏のように毎回のように通っておられる方も何名もおられます。

様々な参加の仕方・姿勢がおありなことは当然で、その方なりの思慮なのだと拝察します。

でも何となく顔見知りになった方はお名前を知らなくても目が合うと互いに会釈したり、少しだけ話したりすることもあります(^-^)。

今回も休憩時間に二階のソファの辺りで、そういう方々に出会ったので、おじゃまにならない程度にちょっと立ち話をさせて頂きました。

旧知のようににこやかに言葉を返して下さるのは嬉しいことです。

目立ちはしないけれど、ご自分なりのペースで楽しんでいる方々、---そういう方々にお目にかかれるのも道場の前後&休憩時間の楽しみです。

毎回制服姿で警備にあたって下さっているALSOKのIさん。

師範方の控室脇で、また道場の最中は出入口にて、注意を張り巡らせて下さっています。

にこやかで丁寧なものごし、会場に早めに次々と集まる我等設営隊員に毎回笑顔で挨拶して下さるのもこの方です。

 

大会場での時も、入場証が無いのに入れてくれとゴネる人との対応に困惑していたら、すぐに察知して氏がサッと来て下さって安堵しました。

 

ゴー宣道場の頼れるプロ、そしてお仲間として親しませて頂いているIさんにも場外乱闘に来て頂いたらという話が出て、今回実現しました☆

私服姿で会場のお店に来られると、皆さん歓声と拍手でお迎え、和やかに楽しい時間でした。

お開きの時、「これで明日からまた張り切って仕事できます。楽しかったです。」と仰った氏の満面の笑顔がとても素敵でした。

---ゴー宣道場の警備に携わるようになってからすでに7年になられるとのことでした。