チーム岡山ラジオチャンネル第2回(中編)感想

関西設営隊のえみりんです。

動画制作、配信ありがとうございます。

 

《門下生チャンネルの動画》

『チーム岡山 ラジオチャンネル 第2回 中編』

 

三味線弾きさんの
中学生の頃のお話を聴いて
10代の頃から「個」の強い方
だったんだなと思いました。

広島のお話とてもおもしろかったです。

岡山の郷土愛の強さは
チーム岡山ラジオチャンネルにも
とても表れているなと思いました。

「倉敷の人は岡山出身とは言わない」
は笑ってしまいました。
気持ちなんとなくわかるような
気がしました。

「沖縄の野菜も北海道の野菜も味は同じ」
気候や風土が違うのに味が一緒なのは変
だということを今回初めて気づきました。
人間も住む場所によって違うように
食べ物もそうならなきゃ変なんだと
気づかされました。

便利さは人からものを考える
ということを希薄にさせたり
人を疲れさせたりすると思いました。

広島のこと、倉敷のこと、農業、思想など
内容がとても濃いなと思いました。

次回も楽しみです。