【暴露・よしりんの素顔】第2回九州ゴー宣道場の会場にて

関西設営隊のカレーせんべいです。
シリーズ【暴露・よしりんの素顔】。全4回になる予定です。
よしりん先生から、クレームが来ないことを祈ります(笑)

 

・・・

 

平成30年6月9日。
第2回目となる九州ゴー宣道場が開催されました。
私も「九州設営隊」のメンバーと共に、会場設営をお手伝いさせて頂きました。

 

この日は初めて利用する会場。
師範とゲストを合わせて7名。普段より壇上の講師陣が多いという状況でした。
壇の幅は広くないので、イスの配置は、全員の顔がカメラに映るギリギリのポジションにセットしました。

 

そんな設営作業をしていると、なんと、小林よしのり先生が視察に来られました!!!

 

「みんな、設営、よろしくね。」
優しく声を掛けてくださり、設営隊一同、恐縮しつつも、内心は大喜びでした☆

 

そんな小林よしのり先生でしたが、壇上のイスを見て、顔色が変わってしまいました。
「ちょっと、これ、イスとイスの距離が近すぎるわ。もっと離してくれないか?」

 

私たちは焦りながら
「いや、あの・・・。カメラの映りを考えると、この距離が限界なんです。」と説明しました。

 

すると小林よしのり先生は、
「いやダメだ。この距離だと、議論の最中に、師範と師範の脚が当たってしまう恐れがある。」
「わしや倉持氏や高森氏なら、脚が当たってもいいかもしれない。しかし、笹さんや木蘭さんの脚に当たるのはダメだ!」
女性に対して失礼になる!
「カメラの映り?そんなことは重要なことじゃないんだよ。」

そう言いながら、小林よしのり先生自らがイスを動かし、極端な扇型にすることで、師範と師範の距離をとる配置をセッティングされました。

 

私は、正直、驚きました。
小林よしのり先生は「ゴーマン」だとか「男尊女卑の環境で育った」とか公言されていますが、

なんと細やかな「気づかい」をされていることか!!
ゴー宣の中で「女性にモテるエピソード」が多いのも理解できました。

 

私も小林先生の振る舞い方をマネして、女性にモテたいと思いました!
・・・しかし、こんな風に思っている時点で、絶対に女性にモテないですね(苦笑)